門真市議会議員 福田英彦ブログ

日本共産党の市議会議員が「市政をわかりやすく」お知らせします

マイナンバー違憲訴訟 第11回弁論

今日は、マイナンバー違憲訴訟(マイナンバー利用差止等請求事件)の第11回弁論が大阪地裁202号法廷で開かれ、傍聴しました。
この裁判は原告のマイナンバーの利用差止や番号の削除、一人当たり 11万円の慰謝料を国に求めるものです。
弁論では原告代理人の弁護士が、準備書面の概要(現代のプロファィリングの特徴とプライバシー件の侵害、機能していない制度上の保護措置、被告の主張するデタラメな費用対効果)について口頭で陳述しました。

次回の期日は、来年1月10日(木)14時からに決まりました。

被告の反論等も注目ですが、4月の市議選を控え傍聴は困難かも知れません💦

しかし、この問題の地方自治体への影響は少なくありません。
今後もしっかり注視します!
c0347935_18533372.jpeg

by kadomasigi99 | 2018-10-18 15:34 | その他あれこれ | Comments(0)