門真市議会議員 福田英彦ブログ

日本共産党の市議会議員が「市政をわかりやすく」お知らせします

市民の意見も聞かず、議会の議決も無視する暴挙! 12月議会始まる

本日から16日までの日程で、第4回定例会(12月議会)が始まりました。

当初の予定は、本会議が午前10時から開かれ、決算認定等の採決や提出議案の説明、各常任委員会への審査付託などを決定する予定でしたが、開会したのは午後4時55分、会期の日程を決定したのみで、明日も本会議を午前10時から開くこととなりました。

開会が大幅に遅れた理由は、宮本市長のもとで、地域協働センターの建設を「凍結」する方針に転換することに伴う補正予算が提案されることとなっていましたが、内定していた国の補助金を変更するための手続きを12月議会の議決を待つことなく、10月28日に行っていたことが戸田議員の事前の理事者の聞取りと資料請求で明らかとなり、議会無視と自治法違反の疑いもあることから、断続的に議会運営委員会や議員全員協議会などが行われたことによるものです。

地域協働センター建設「凍結」については、5中と3中校区の地域会議に事前の説明も何もなく、「決定した」ことを市長が通告するに等しい「意見交換会」が11月15日と18日に行われたことから、両地域会議から「承服できない」との意見書が市長あてに出され、議会に対しても陳情がありました。

充分な説明もなく、地域会議の意見も聞かず、これまでの市の方針を一方的に転換し、議会の当初予算の議決も無視するもので、言語道断と言わざるを得ません。

今後、議会の中でその問題点をしっかりと明らかにしていかなければなりません。

9月議会に引き続き、議会が行政のチェックの役割をしっかり果たせるよう頑張ります!

by kadomasigi99 | 2016-12-05 18:07 | 議会 | Comments(0)