門真市議会議員 福田英彦ブログ

日本共産党の市議会議員が「市政をわかりやすく」お知らせします

待機児童対策について議会が「附帯決議」

今日は本会議。

まず、常任委員会に審査が付託された議案について委員長報告の後採決が行われ、全議案について賛成多数及び全会一致で可決しました。
共産党は、大阪府の福祉医療制度の改悪に伴う条例改正と補正予算について反対、討論は亀井あつし議員が行いました。

また、幼保連携型認定こども園を設置するとともに、南保育園と南幼稚園を廃止する議案については、待機児童解消を早期に実施する観点から、附則で南保育園を廃止する部分を削除する修正案を提案しました。
提案に当っては、私が提案理由の説明と質疑に対する答弁、討論は豊北ゆう子議員が行いました。
c0347935_18241736.jpg
採決の結果、残念ながら否決となりましたが、待機児童対策に一層取り組むことを市に求める「附帯決議」が提案され、全会一致で議決されました。

附帯決議を受けて、待機児童解消をさらに進めることを強く求めたいと思います。

その後は市政に対する一般質問が行われ、9人(共産党は、ほりお晴真、亀井あつし議員と私)が質問に立ちました。

私は、①高齢者保健福祉計画の策定と施策推進の課題②地域生活支援拠点整備事業について取り上げました。

質問と答弁内容は、明日の本会議終了後に議員団ホームページにアップしますので、ぜひご覧ください。

明日は豊北ゆう子議員が質問に立ちます。
午前中と登壇となりますので、ぜひ傍聴にお越しください!

by kadomasigi99 | 2017-09-21 18:25 | 議会 | Comments(0)