門真市議会議員 福田英彦ブログ

日本共産党の市議会議員が「市政をわかりやすく」お知らせします

問題点浮き彫り!総務建設常任委員会

今日は総務建設常任委員会が開かれ、委員として出席しました。
c0347935_14462037.jpg
委員会に審査が付託された案件は5件で、市営住宅に指定管理者制度を導入する「門真市営住宅条例の一部改正」については、問題点を指摘し反対しました。

問題点は、①条例に指定管理者に委ねる業務をしっかり明記していないこと②家族構成や収入等の個人情報をはじめて指定管理者に取り扱わせようとしていること③評価委員会を設置しての評価の仕組みを全く考えていないことです。
また、明渡し規定について改正もありましたが、公正な運用と不当な明渡しを迫ることの無いように求めました。
議案は採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決定しました。

所管事項についての質問では、
①マイナンバー制度の運用について
②本市の魅力発信について
③府営住宅の市への移管について
④幸福町・垣内町のまちづくりについて
の4点について質問しました。

特に問題だったのは、④で、住宅市街地整備事業を進めている幸福町・垣内町のまちづくりについて、国の交付金の交付率の低下などにより、2年半事業が遅延するということを昨年2月に議会に報告しながら、一年間地権者などで構成される事業組合に全く説明せず、ようやく4月に実施した説明会でも、2年半事業が遅延するということを説明しなかったという全く信じられい市の対応について厳しく追及しました。

開発会社言いなりで、地権者等に立ち退きを迫る門真市の問題点がまたも浮き彫りとなりました。

明日は民生常任委員会。
亀井あつし議員が出席し、しっかりチェックします!

by kadomasigi99 | 2017-06-12 15:00 | 議会 | Comments(0)